店主「上毛新聞タカタイ提供」

 当店は、昭和4年に創業、多種多様な需要に応じた氷問屋として営業を続けいてます。
時代の流れとともに、削氷組合も消滅し、かき氷店の減少を憂えた先代店主が、昭和51年にかき氷店を併設。

 小中学生や部活帰りの高校生が、おこづかいで買えるように低価格でボリュームのあるかき氷を提供し、昭和63年には当時では珍しかった果汁入りかき氷の販売を始め、現在も様々なオリジナル商品の開発に努めています。

 近年、かき氷ブームですが、当店は地域の方々に愛されることを変わらぬ目標に、各種氷・ドライアイスの販売と100円のかき氷から限定商品まで幅広く提供しています。店内では召し上がれない小さなお店ですが、屋外に飲食スペースを設けていますので、よろしかったらお使いくださいませ。

 溶けてなくなってしまう氷ですが、お客様に小さな幸せを贈ることを目指しています。

日本一 小谷野

店舗